ホーム > Linuxで自宅サーバ(CentOS) > サーバーの調子がおかしい

サーバーの調子がおかしい

2012 年 2 月 24 日 こてつ コメントをどうぞ コメント

どうもおかしい。

postgresqlサービスの開始に失敗する。。

postmaster.pid が書き込めないとかいわれた。デバイスに空き領域がないらしい。。

??

「dfコマンド(df -h)」で確認したところ「/dev/hda2」が 100%になっとる?!


えぇーーーっ?!

で、どうやって対策したらいいん??

 

かなりいろいろ調べました。

とりあえず「lsコマンド(ls -la /tmp/ など)」や「duコマンド(du -sh /*/ など)」

を利用して容量を圧迫しているのを発見。。

apache のログでした(爆

なんか急激にログが肥大してるんですけどぉ。。

php5 にした影響かエラーもいっぱい(爆

orz

とりあえずログを消してシステム起動できました。

しかし、やっぱり挙動がおかしい。

サイトを開くと。。転送にもたつく。所々で止まる。表示に超時間がかかります。

apache が悪いのか php か sql か。。はたまたOSか。。

どれでしょう。

わかりません。。

こまりました。

仕方が無いので、新しくサーバーを用意してごっそり移設。

大変でした。

もろもろ新サーバー建て2回ほど。。

1回目は、まっさらから順にインストールして。。

どこでか不明ですが、ちょっと設定ミスでクッキー絡みが上手く動きません。

ショップサイト用には致命的。やり直し。

幸い、ほとんど同様構成で2台のVPSを構築運用していましたから、

活きているVPSのサーバーをごっそり転用。「rsyncコマンド」にて。

こんなところで、

さくらのVPSで上位プランに移行するための手順

を利用するとは。。

で、転用後にサーバーの設定を修正。まるっきり同じは無理だから(笑

その後、サイトデータやデータベースデータのバックアップなどを流し込み

リビルド?リストア?。

1回目は、夜通しでほぼ1日。2回目は、半日。。無駄な時間を。。

なんとか復旧したか??

 

■かなり大変でしたが、いろいろと学ぶことは出来ました。。疲れたけど。

目標も出来ました。そういう意味では無駄ではなかった?!

1. 少し進めていましたが、仕事の柱をやっぱり複数立てるべきだと痛感しました。

 太めのものが複数無いと やっぱ怖いです。

2. 実は今回、復旧VPSを上位プランで試してみました。予算が許すなら快適ですし、

 一度作業もやったし2台目も移行を目論んでいます。

3. EC-CUBEのバージョンアップ。2系は、ゴチャゴチャしてそうで毛嫌いしてましたが

 システムの新しい環境に合わせていくため2系へのバージョンアップを検討しなきゃいけないかもしれません

 

スポンサード リンク
 

 
カテゴリー: Linuxで自宅サーバ(CentOS) タグ:

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Deliciousに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurlに登録 mixiチェック Facebookにシェア ツイートする

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。