ホーム > 縁にまつわる。。 > ジューンブライドと梅雨

ジューンブライドと梅雨

2005 年 6 月 11 日 こてつ コメントをどうぞ コメント

6月はジューンブライドといわれ、6月に結婚すると幸せになれるという言い伝えがあるそうです。ですから、この時期結婚式、披露宴が多いですよね?


しかしよく考えてみると、この時期、日本はちょうど梅雨時期にあたります。タイミングよく式の日にお天気になればいいのですが、雨になる確率の高いこの時期 6月になぜ幸運が??
タイミングよく晴れの日を選んだら強運だ!ってことでしょうか??
6月に素敵な花嫁になるにはコツがあるのです!目指せ!素敵なジューンブライド
まぁ、もう今年は6月も中旬にさしかかろうとしていますので。。。あれですが。

ジューンブライドの由縁
最も一般的なのは、ローマ神話に出てくる女神ジュノー(ユノーともいう:Juno)の月が6月だからというもの。ジュノーは女性の守り神であり、婚姻を司る神様。それで、6月に結婚すると女神がふたりの幸せを一生約束してくれる、という言い伝えが生まれたと言われています。

ということだそうです。。
また、はてなダイアリー - ジューンブライドとは
海外の言い伝えがそのまま日本に持ち込まれたので季節感はさておいてといったところでしょうか、雨が降っても「雨降って地固まる」なんていう名文句?で済ませちゃいます。
ジューンブライドという場合はウェディングになるでしょう。和式の場合は何月が縁起がいいのでしょう??

スポンサード リンク
 

 
カテゴリー: 縁にまつわる。。 タグ:

Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 Deliciousに登録 livedoorクリップに登録 Buzzurlに登録 mixiチェック Facebookにシェア ツイートする

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。